プロが営業してくれるから安心|ラウンダーの魅力を知ろう

企業の販促に必要な業務

企業で重要なのが営業部門です。販路拡大には欠かせないのが営業マンです。それと同様に重要なのがラウンダー業務です。店舗を巡って商品陳列や販促イベントなどの企画を行うスタッフです。多くの企業はラウンダー派遣会社に委託しますが、重要なのはスタッフの質の高さです。そのためには雇用形態を確認することです。

現場をリアルタイムに把握

専門の教育を受けた優秀なラウンダーが現場を巡回し、販売量増加に繋げます。現場調査はもちろんのこと、現場調査にとどまらず、積極的な陳列スペース確保を目的とするアプローチなど、豊富な実績を活かして企業の様々なニーズ応え売上を向上する支援が可能です。

人権費をおさえた営業活動

女性

業務請負企業の活用

近年、自社製品の販促を行う手段として、ラウンダーという職種が登場しています。ラウンダーとは、自社製品を扱っているスーパーや百貨店などの販売店を訪問し、売場作りのお手伝いをする仕事です。競合他社製品と展開がある販売店においては、自社製品の販売状況を調査することもあります。また、自社製品の取り扱いを増やしてもらうために、売場担当者に商品のアピール活動といった業務が加わる場合もあります。ラウンダーの採用については、企業が直接派遣やアルバイトの形で雇用するというケースが多いといえます。雇用形態を派遣やアルバイトとする理由は、人件費を抑えることが一番の目的です。しかし、派遣やアルバイトだと、3年以上の継続契約となった場合、正社員への登用をしなくてはいけないという決まりがあります。人件費のアップを望まない多くの企業は、ここで派遣やアルバイトを解雇することになりますが、それだと企業はせっかく育てた有能なラウンダーを手放さなくてはいけなくなります。そこで活用したいのが、業務請負企業の活用です。業務請負企業とは、依頼主の企業から請け負った業務を、自社の契約メンバーに、業務単価契約または時間単価契約の形で割り振ることで、業務を代行するというサービスを提供しているところを指します。業務請負企業の契約メンバーであれば、同じ人に何年仕事をしてもらおうと雇用の義務は発生しないため、ラウンダー業務をこういった企業にお願いすることで、安定したサービスを保ちつつ、人件費を抑えることが可能となります。

消費者目線でアドバイス

自社の商品が実際に店舗でどのように売られているのか、ラウンダーは直接店を訪問して確認し、時にはアドバイスをします。これらは消費者の目線で行うことも必要で、主婦などの派遣スタッフを利用するメリットがあります。自社の人件費を節約したり、優秀なスタッフは正社員へと雇用する道を取ることも可能なのです。